労働問題解決の手引 鳳法律事務所

対応地域:東京、神奈川、埼玉、千葉

横浜オフィス 045-264-4181 浦和オフィス 048-764-8321

電話受付:月曜〜金曜 AM9:30-PM17:30 ※土日夜間応相談

不当な解雇、長時間労働、理不尽なパワハラ… 解雇の無効化や残業代、損害賠償の請求ができる場合があります。自分に多少落ち度があると思う場合でも、諦めたり、泣き寝入りせず、一度ご相談ください。

ブラック企業によろしく

【ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web 】

ブラック企業の手口について漫画を織り交ぜてまとめてみました。
大切なことは、ブラック企業の言うことを鵜呑みにしないことです。

PDF版はこちら

■固定残業代


koteizangyoudai
 ブラック企業は「基本給に固定で残業代が含まれている」等と言って残業代を支払わないという手をよく使います。これは見かけの基本給を多くする一方、残業代を支払わないで済むようにするのが狙いだと思われます。
しかし、この手法が適法となるためには、基本給部分と固定残業代の部分が明確に区別されていなければいけません。
そうしないと、本当に残業代をきちんと支払っているかどうか分からないからです。
また、たとえ契約書や就業規則で明確に区別されていても、固定部分を超える分については残業代を支払う義務があります。
しかし、多くのブラック企業は、固定分を超えても残業代を支払いません。
なお、上記の「基本給に残業代を含ませる」という方法以外にも、ブラック企業が残業代をごまかす方法があります。それは基本給とは別に「営業手当」等の名目で毎月固定額を支払い、それ以上の残業代を支払う義務は無いと主張する方法です。これも当然違法です。
いずれの方法をとるにせよ、固定分を超える残業代が発生した場合、会社はそれを労働者に支払う義務があります。

■年俸制


nenpousei
 年俸制でも残業代は発生します。
年額で決まるからなんとなく残業代はなさそうと思うかもしれません。
しかし、給料は法律上最低でも月に一回は支払わなければいけません。そうすると、年俸制であっても毎月残業代を計算して支払う義務があります。
したがって、支払い面から見ると、年俸制は月給制とあまり変わりません。給料の見え方が異なるだけです。
ブラック企業の場合は、「年俸制は残業代が出ない」という勘違いを期待して年俸制をとっているのかもしれません。

■事業場外みなし労働


jigyoujyougaiminashi
 「外回りの営業部員」等について、労働時間が把握しづらいという理由等から「事業場外みなし労働制」という制度が用意されています。
これは、労働時間を把握できないから一定時間働いたこととみなすものです。
たとえば、8時間のみなしであれば、実労働時間が何時間であろうと8時間労働したとみなされます。
しかし、情報技術の発達により、今や社員がどこで何をしているのかは容易に把握できるようになりました。
したがって、この事業場外みなしが適用される場合は非常に少ないでしょう。携帯電話すら持たせていないというケースしか想定できません。
なお、みなし労働の適用が認められたとしても、深夜割増賃金や休日割増賃金は発生します。みなされるのが平日の午前5時~午後10時までの労働に限定されるからです。

■専門業務型裁量労働


sairyouroudou
 一部の専門的業務を行う労働者について「専門業務型裁量労働制」が適用されることがあります。
これによって「みなし労働」となり、何時間働いてもみなし時間分しか働かなかったものとみなされます。例えば8時間のみなしであれば8時間しか労働時間として認められません。
そのかわり、労働時間について「裁量」が与えられ、出退勤の時間を労働者が自由に決められるというのが建前です。
しかしながら、この制度の適用には厳格な要件と手続が定められています。そして、その要件を満たしていないとか、手続きを経ていないという理由で制度の適用が否定される可能性があります。
なお、事業場外みなし労働と同様、みなされるのは平日の午前5時から午後10時までの労働時間です。それ以外の時間はみなしの範囲外です。したがって深夜割増賃金や休日割増賃金は発生します。

■管理・監督者


karnrikantokusya
 「管理監督者」には、法律上、残業代を支払わなくてもよいことになっています。
しかし、この「管理監督者」の認定は非常に厳しく、極めて高い確率で「管理監督者」ではないと認定されています。
「名ばかり管理職」とか「名ばかり店長」という言葉が有名ですが、まさにこの「管理監督者」に該当しないのではないか、ということで問題となったのです。

■勝手に残業


kattenizangyou
 「勝手に残業していたんだから残業代を支払う義務は無い」これもブラック企業がよく主張するものです。
しかし、残業をするのが常態化しているような場合、「黙示の指示」があったとして、会社側に残業代の支払い義務が発生する可能性があります。
ブラック企業の場合、業務量が多過ぎて残業しないと追いつかないケースが多いでしょうから、黙示の指示が認められる可能性は高いでしょう。

■辞めさせない


yamesasenai
 「辞めさせない」。これもブラック企業のよくやる手口です。
しかし、労働者には職業選択の自由があります。いつでも辞めることはできます。法律上は労働契約の解約の申し入れをしてから2週間で契約が終了するのが原則になっています。
ところで、「辞めたら損害賠償請求をする」等と言って脅すブラック企業がいます。しかし、従業員が辞めたことによる損害は算定困難なので、訴訟になっても損害の発生が認められる可能性は極めて低いでしょう。

■有給休暇


yukyukyuka
 「有給休暇が無い」なんてありえません。
法律上決まっていることなので、どんな企業においても労働者には有給休暇を取得する権利があります。

■解雇


kaiko
 そんなに簡単にクビ(解雇)にすることはできません。
日本の法律上、解雇のハードルは凄まじく高いです。
だから、解雇しないで「退職勧奨」をし、自主的に退職するようにさせる行為が横行しているのです。

■最後に・・・ブラック企業へ一言。


namennayo


まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

法律相談のご予約はこちら

初回1時間5,000円(税別)の法律相談は下記フォームまたはお電話でご予約ください。

ご予約フォーム

ブラック企業によろしく

対応地域:東京、神奈川、千葉、埼玉