労働問題解決の手引 鳳法律事務所

対応地域:東京、神奈川、埼玉、千葉

横浜オフィス 045-264-4181 浦和オフィス 048-764-8321

電話受付:月曜〜金曜 AM9:30-PM17:30 ※土日夜間応相談

不当な解雇、長時間労働、理不尽なパワハラ… 解雇の無効化や残業代、損害賠償の請求ができる場合があります。自分に多少落ち度があると思う場合でも、諦めたり、泣き寝入りせず、一度ご相談ください。

賃金の代わりに休業手当をもらうことになります。
使用者の責めに帰すべき事由による休業の場合、使用者は、労働者に対してその平均賃金の60%を支払わなくてはなりません(労基法26条)。
この点、機械の検査のためなのだから、「責めに帰すべき事由」などないのでないかと思う方もいるかもしれません。
しかし、労働者の賃金生活の保障のため、このような経営上の障害による休業の場合でも、「責めに帰すべき事由」があるとされるのです。

このほか、下記のような場合に休業手当の支払義務が発生します。
・原料不足
・流通機構の不円滑による資材入手難
・監督官庁の勧告による操業停止
・親会社の経営難のための資金・資材の獲得困難

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

法律相談のご予約はこちら

初回1時間5,000円(税別)の法律相談は下記フォームまたはお電話でご予約ください。

ご予約フォーム

労働問題の基礎知識

対応地域:東京、神奈川、千葉、埼玉