労働問題解決の手引 鳳法律事務所

対応地域:東京、神奈川、埼玉、千葉

横浜オフィス 045-264-4181 浦和オフィス 048-764-8321

電話受付:月曜〜金曜 AM9:30-PM17:30 ※土日夜間応相談

不当な解雇、長時間労働、理不尽なパワハラ… 解雇の無効化や残業代、損害賠償の請求ができる場合があります。自分に多少落ち度があると思う場合でも、諦めたり、泣き寝入りせず、一度ご相談ください。

以下の業務に従事する者をいいます。
①監視労働
一定部署に在って監視するのを本来の業務とし、状態として身体または精神的緊張の少ない労働をいいます。

②断続的労働
実作業が間欠的に行われて手待時間の多い労働のことです。手待時間が実作業時間をこえるかまたはそれと等しいことが目安とされています。そして、実作業時間の合計が8時間を越えるときには許可すべきではないとされています。

上記①②の労務に従事しているとされている例として下記が挙げられます。
・守衛
・踏切番(1日10往復程度は許可)
・小、中学校の用務員
・高級職員専用自動車運転手
・団地管理人
・隔日勤務のビル警備員

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

法律相談のご予約はこちら

初回1時間5,000円(税別)の法律相談は下記フォームまたはお電話でご予約ください。

ご予約フォーム

労働問題の基礎知識

対応地域:東京、神奈川、千葉、埼玉